「鎮守の森の教室~いのちを守る森を学ぼう~」

この度、当財団では、全国に4万社あまりある八幡様の総本宮である宇佐神宮のご協力を戴き、宮脇昭副理事長も大きな着目をしてきた宇佐神宮の鎮守の森をフィールドに「鎮守の森の教室」を開講することにしました。
『鎮守の森』は、近年では多くの動植物を育む生物多様性豊かな森として評価されていますが、同時に津波、火災などの災害から人々のいのちを守る効果的役割も果たしてきたことが歴史的教訓として知られています。このような鎮守の森を規範として取り組まれている「災害からいのちを守る森づくり」の活動をとおして、森づくりの役割や大切さについて皆様と考え、学ぶ機会にしたいと思います。
東日本大震災の際に、宮城県岩沼市で陣頭指揮を執られた井口前市長のお話もあります。
皆様のご参加をお待ちしております。
※お申込は、お名前、ご参加人数、ご連絡先(なるべく携帯番号)と件名には、「鎮守の森の教室参加申込」と明記の上、info@morinoproject.com 宛にメールを送信ください。(注)この時点ではご参加確定ではありません。ご参加は先着順となります。後日事務局より、お申込みが確定されたか否か、メールでお知らせいたします。

<開催要綱>
出席:ロバート キャンベル(当財団理事。日本文学研究者。東京大学大学院教授)
講話:井口経明 前岩沼市長(当財団顧問)
講義:東京農業大学短期大学部教授 鈴木伸一先生
フィールドワーク:東京農業大学森林生態学研究室特別研究員 西野文貴先生

去年明治神宮で開催した「鎮守の森の教室」。ロバート キャンベル理事も出席

日 付  平成29年4月8日(土)
時 間  第1部 9:30~12:20 第2部 13:00~16:00
会 場  宇佐神宮参集殿(マップ)住所:大分県宇佐市大字南宇佐2859
主 催  公益財団法人鎮守の森のプロジェクト
募 集  第1部のみ参加の方 先着150名
     第1部と第2部に参加の方 先着60名
     ※小学生以下の参加は保護者同伴でお願いします。
参加費   2,000円(昼食代、保険料など)※参加費は、第1部と第2部にご参加の方のみ、当日受付でお納めください。

<スケジュール>
[第1部]
9:00 受付開始 ※宇佐神宮参集殿にお越しください。
9:30 開講式
9:50 講話 井口経明 前岩沼市長(当財団顧問)
「東日本大震災の対応と千年希望の丘創造事業について」
11:00 講義 東京農業大学短期大学部教授 鈴木伸一先生
「災害からいのちを守る森づくり」

[第2部]
12:20 昼食 ※お弁当をご用意します。
13:00 鎮守の森を散策しながら、森の先生からの説明。社頭参拝。
15:30 閉講式 修了証・記念品授与
16:00 閉会予定

後 援  大分県、宇佐市、大分市、別府市、杵築市、国東市、佐伯市、中津市、日出町、大分合同新聞他
特別協力 宇佐神宮

公益財団法人 鎮守(ちんじゅ)の森のプロジェクト

〒104-0028 東京都中央区八重洲2-2-1ダイヤ八重洲口ビル 2階
TEL 03-3273-8851 / FAX 03-3273-8871