fbpx

ボランティアに参加する

鎮守(ちんじゅ)の森のプロジェクトのボランティアに参加する

森づくりはたくさんの人手と継続的なボランティアを要します。「地域と暮らしを守る防災の森」づくりに参加しませんか。
鎮守の森のプロジェクトでは植樹だけでなく、育樹(森を育てる)や採種(森となる種を拾う)など、
四季に合った継続的なボランティアがあります。
ボランティアメールに登録すると、活動のご案内を随時メールで配信します。

ボランティア登録をする

ボランティアメールに登録する

メールを登録すると、ボランティアや鎮守の森のプロジェクトの活動情報を、優先的にお知らせします。

メールアドレスを登録する

活動サイクルとボランティア

鎮守の森のプロジェクトの活動には年間を通して次のような流れがあります。種子となるどんぐりを拾うこと(採種)、拾ったどんぐりから発芽させて苗木にするまで育てること(育苗)、育った苗木を植えること(植樹)、植えた苗木が森として育つまで草抜きなどの手入れをすること(育樹)。これらの活動にはたくさんのボランティアの人手が必要です。私たちと一緒に、「地域と暮らしを守る森」をつくりませんか。

プロジェクトサイクル図

福島県 南相馬市|第9回南相馬市鎮魂復興市民植樹祭

今年の市鎮魂復興市民植樹祭も昨年度同様、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、参加者を南相馬市民に限定し、参加者数や植樹本数、植樹面積を例年の1/10程度に規模を縮小し、開催します。 未来へつなぐ「災害からいのちを守る森」づくりをつづけていきます。市民の皆さまのお越しをお待ちしております。

ご参加お申し込みは→南相馬市役所HP
※ご参加は、南相馬市民限定です。ご理解のほどよろしくお願いします。





岩沼市千年希望の丘開催|どんぐり&低木の実を採種するボランティア募集


鎮守の森のプロジェクトでは、その土地に適した苗木を用意するために、植樹地の近くで自生している種子(主にどんぐり)を採種し、苗木に育て、植樹しています。どんぐりから植樹する苗木になるまでは2〜3年かかります。将来、東北のいのちを守る森となる種子を一緒に採種しませんか! 今年は昨年同様にコロナ禍のため、例年のバスツアーに替えて、鹽竈神社内と2013年に植樹した低木の木ノ実採種を現地集合解散にて行います。またマスクの着用をお願いするとともに、体調がすぐれない場合は参加をご遠慮下さい。※雨天決行・荒天中止
過去の低木採種の様子


開催日2020年10月30日(土)
募集人数30人程度 (全国から参加可能です)
参加費無料
持ち物汚れてもよい服(長袖)と靴、帽子、軍手、タオル、リュックサック、飲み物(水分補給用)、雨天の場合は雨具・長靴など
時間10:00 ①鹽竈神社 集合・採種(受付は9:45〜)
11:00 午前の部終了・ボランティア一時解散
13:00 ②千年希望の丘・相野釜公園 集合・採種(受付は12:45〜)
15:00 計測・解散
※午前、午後どちらかのみのご参加も歓迎です。それぞれ現地集合となります。
集合場所①鹽竈神社第2駐車場
鹽竈神社HP


②千年希望の丘相野釜公園交流センター前(駐車場あり)


荒天中止判断天気予報により荒天中止を決定した場合は、
10月28日(木)正午までにメールでご連絡します。
ボランティアに参加する