速報!南国市いのちを守る植樹祭

雨の中、行われた南国市いのちを守る植樹祭。
南国市立大湊小学校の児童・教職員と、大湊保育所の園児・保護者・職員、そして前浜地区の地元の皆さんが100名集まって320本の苗木を植樹しました。

高知県南国市は、県都に近い空港都市ということで宮城県岩沼市と姉妹都市となっており、40年以上前から交流を続けてきました。そのため、東日本大震災時には、南国市として岩沼市への支援活動も積極的に行い、そこから南海トラフ地震による津波避難対策などを互いの交流してきた流れがあります。

南海トラフ地震による南国市の浸水被害は、浸水高3~5mと想定されており、それに備えた津波避難タワーもいち早く建設されました。

今回の植樹祭は、その避難タワーの間近にある小学校と保育園で開催されました。
当日、子供達・保護者の皆様は、地震が来たらいち早く避難することや、苗木がいつの日か防災林となって役立ってくれるだろうことを願いながら、植樹をしました。苗木に掛けられた木札には「大湊を守って下さい」という子供達の願いが込められていました。学校・保育所という場所で苗木が育っていくことで、防災意識が日常の中で培われていければと考えております。

東北以外では初めてとなる植樹祭。このように植樹祭を無事終えることが出来ましたのも、当財団に対するご寄付をくださった皆様のお陰と感謝しております。南国市同様、防災の森づくりとしての植樹活動を全国へ拡げ、今後も活動を続けて参りたいと思いますので、引き続きご支援の程宜しくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
協力:AIU損害保険株式会社、一般社団法人高知県法人会連合会
協賛:高知ヤクルト販売株式会社
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供たちが一生懸命に苗木を植えてます

子供たちが一生懸命に苗木を植えてます

南国市長と細川理事長 笑顔で植樹

南国市長と細川理事長  笑顔で植樹

笑顔で縄張り

笑顔で縄張り

植樹の後はワラを敷いていきます

植樹の後はワラを敷いていきます

参加者全員の集合写真

参加者全員の集合写真

木札に想いをこめて

木札に想いをこめて

 

公益財団法人 鎮守(ちんじゅ)の森のプロジェクト

〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-7-2 虎ノ門372ビル 2階
TEL 03-6432-0085 / FAX 03-6432-0086